メール相談は行っていません。
霊視は他の占いと違い、生年月日や名前で判断する訳ではありません。
クライエントの魂等に、その方にとって最良の道を尋ねるのです。
だから、間違いなく本人であるという確信が、アドバイザーの意識中になければなりません。
今までに何度も「ひやかし」や「なりすまし」に遭っています。 
だから、メールに書かれている住所・氏名だけでは、本当に依頼者の魂にアクセスしているのか自信が持て無く成りました。
(但し二回目以降はメールでも可能です。)
電話なら「もし、もし」の一言で、魂が繋がったという確信が持てます。
他人の人生にかかわる仕事ですから慎重に対応したいと考え、面談できない時は電話による相談のみとさせて頂いています。

前に戻る ▲pagetop
携帯の戻りボタンでも前の画面に戻れます。